Event

第一回基調講演会
岩谷英昭「シンギュラリティに生きる、松下幸之助」

アメリカでは「PayPal」創設者のイーロン・マスクが設立した、宇宙輸送サービス会社「SpaceX」が火星への移民を呼びかけ、ロケットブースターの再利用に成功しました。同社は有人火星飛行を2024年に計画しています。

Event

第二回基調講演会
中嶋聡「シンギュラリティと自動運転社会」

まず、これからの10年の変化は穏やかなものでしょう。しかし、その先の10年で爆発的な変化が訪れると私は考えています。その時になると従来のビジネスモデルや社会常識のようなものが一気に時代遅れになるでしょう。

Meetup

米国シアトルAI TECH MISSION MEETUP
by AGUSI Media Labo

世界のAI の中心地シアトルから、スタート アップ企業9組と大手AI開発会社のSlalomが来日し、ピッチイベントを行います。通常シアトルで開催しているイベントを、東京で開催する貴重な機会です。

Event

第三回基調講演会
柴国強「飛躍的進化を遂げている中国電脳社会」

シンギュラリティを引き起こすには現在よりも、もっと進化したAIが必要である。ではAIを進化させる具体的な手段とは何か。それは人工知能の最先端をいくディープラーニングに違いない。

Event

第四回基調講演会
江藤哲郎「AIの首都シアトルとスタートアップエコシステム」

MicrosoftもAmazonもシリコンバレーにあると思っている方がまだ多いですね。実はシアトルなんです。STARBUCKSもBoeingもCOSTCOもシアトルです。

Event

第五回基調講演会
斎藤 由多加「AI 開発で明らかになった”日本語の正体”」

口語による会話エンジンは、スマートスピーカーが出る前から考えていました。音声認識を時代が必要とされると感じていました。

Event

第六回基調講演会
片山 恭一「人間創生としてのシンギュラリティ」

AIにかんする議論を見ていて感じるのは、この世界がどこに向かっているのか、誰にもわからなくなっているということです。

INFOMATION

未来をデザインしよう。青山学院コンピュータサイエンスサマースクール

サマースクールでは、アメリカ・シアトルのソフトウェア産業で経験のあるエンジニアを講師として招き、ソフトウェアを通して新しい製品・サービスを生み出す過程を体験できる3日間を提供します。

Aoyama Gakuin University Singularity Institute