研究活動

プロジェクト

「近未来の図書館と新しい学び」研究プロジェクト

趣旨・目的

研究支援の強化に加え、教育・学修支援の拡充に向けて大きく変貌を遂げている大学図書館について、本来的な意味でのラーニングコモンズ、すなわち協働的・創発的な学び(合い)を促進するプラットフォームととらえ、実証的なアプローチを重視しながら、新しいモデルの開発をめざす(ここでいう「学び」は広く人間の成長を意味するもので、研究的な活動を含む)。

本学において進められている新図書館建築にも資することをねらいつつ、本格的なAI時代を見据えて研究を進めていく。

内容・体制

近未来の図書館において実現の可能性があると思われるサービスやシステムについて、要素技術から理念・理論まで、ニーズの把握、現状・動向や実現に向けた課題の整理・検討、プロトタイプの実験・開発などに取り組む。

研究トピックを例示すれば、

などが挙げられる。具体的なスケジュールなどは、現在、検討中。

学外諸機関・諸氏との対話・協力を通して研究を展開していく(産学連携を含む)。研究成果については、順次、広く公開してフィードバックを得ることを重視する。

今後に向けて

これから本格スタートするプロジェクトにぜひお知恵とお力をお貸しください。

ご意見・ご助言などは下記までお願いいたします。

プロジェクトリーダー
野末俊比古(本学教育人間科学部教授)

tnozue@ephs.aoyama.ac.jp

イベント情報